• アミノレブリン酸とは、どのようなものですか

    アミノレブリン酸はヒトや動物や植物など、あらゆる生命体の細胞の中にあるミトコンドリアに存在していて、代謝には必要不可欠な物質です。それ故に、エネルギーを生み出す5−アミノレブリン酸(ALA)は「生命の根源物質」とも呼ばれています。



    アミノレブリン酸は代謝には必要不可欠な物質です。



    代謝が活発になると、体温が上昇して免疫力がアップして病気になりにくい体を作ったり内臓脂肪が燃焼しやすくなったり、肌の保湿や育毛など、様々なはたらきが期待できます。



    5−アミノレブリン酸はあらゆる生命体の根源物質なので、動物や植物に広く含有されています。

    肉や魚や野菜などの普段の食事からも摂取することが可能です。


    特に多く含まれているのは、発酵食品です。


    甘酒やワインや納豆や黒酢などがあげられます。

    これらの食品はすでに健康に良い食品やスーパーフードの仲間とだということで、健康情報番組などでもよく取り上げられています。

    すでに、夏バテ防止のためや健康のためなどの目的で毎日甘酒を飲んだり、1日1カップ納豆を食べているという人もおられることでしょう。
    しかし、何かと多忙な現代人は食事が疎かになりがちです。基本は毎日の食事ですが、それを補うということでサプリメントでアミノレブリン酸を摂るというのも一方法です。


    但し、代謝が更新しすぎる甲状腺機能亢進症の人にはお勧めできません。
    また、体調不良だからといった漠然とした理由で、医療機関を受診することなく自己判断でサプリメントを使うのは好ましくありません。
    きちんと医師に相談のうえで使用してください。
    現在、医療機関で治療を受けている人も、自己判断でサプリメントを使うのは良くありません。


    薬との相互作用などもあるので、主治医にご相談ください。

    まずは、日ごろの食事や運動や休養を見直すことが重要です。